データ分析 プロダクト改善 企画・戦略

Googleが提供するユーザー分析ツール「News Consumer Insights」とは?

Googleが提供する「News Consumer Insights(NCI)」というユーザー分析ツールをご存知でしょうか?

2020年10月現在、本ツールはまだ日本語対応しておりませんが、コンテンツマーケティングを積極的に行っているオウンドメディア担当者には、是非とも知っておいていただきたいオススメのツールです。

News Consumer Insights(https://news-consumer-insights.appspot.com/

 

例えば...

  • ユーザーのナーチャリングが正しく行えているかをデータから調べたい
  • 運営しているオウンドメディアにロイヤルユーザーがどれだけいるのかを把握したい
  • 有料のサブスクリプション形式に変更した場合に、どれだけの収益が見込めるかをシミュレーションしたい

といったお悩みを抱えているオウンドメディア担当者の方はぜひお読みください。
「News Consumer Insightsって何?どう活用すればいいの?」という疑問にお答えいたします!

News Consumer Insights(NCI)とは?

News Consumer Insights(以下、NCIで統一)を簡単に表現すると・・・Google Analyticsのデータを活用して、オウンドメディアにおけるユーザーがどれだけ愛着を持っているのかを可視化するツールまたは拡張機能です。

サイトを訪れるユーザー全体に対し、何度も訪れてくれるようなロイヤルユーザーがどのくらいなのか?を把握でき、さらには上申や顧客提案の際に数値として示せる かつ データ算出ロジックとその背景が明確だとすれば、これだけ有用な物はないでしょう。

引用:https://newsinitiative.withgoogle.com/training/assets/docs/nci-playbooks/ja.pdf

ちなみにNCIに関するGoogle公式の説明は以下となっております。

複数の領域にわたってユーザーエンゲージメントを捉える指標を使って、各ユーザーセグメントに0~100のユーザー価値スコアを割り当てます。ニュース業界のデータを活用してベンチマークを作成しているため、自社のパフォーマンスを同等のメディアや最高水準のメディアと比較することができます。
これらの指標によって、何が有望なトラフィックを促進しているのか、各ユーザーセグメント䛾価値を最大化するにはリソースをどこに投入するべきかを、より理解できるようになります。
最終目標は、ユーザーに「カジュアルユーザー」セグメントから目標到達プロセスを進んでもらい、「ロイヤルユーザー」や「定期購読ユーザー」になってもらうために役立つ知見を提供することです。つまり、このレポートは、各ユーザーセグメントに合わせてビジネス戦略を調整するためのヒントになります。
引用:https://newsinitiative.withgoogle.com/training/assets/docs/nci-playbooks/ja.pdf

News Consumer Insights(NCI)の機能とは?

1. ユーザーをロイヤリティ=ユーザー価値スコア(UVS)に基づいて、3つに分類する

Google Analytics(以下、GAで統一)のデータを元に、ユーザー価値スコア(UVS)を算出し、ユーザーをCasual Readers/Loyal Readers/Brand Loversの3つに分類します。

引用:https://news-consumer-insights.appspot.com/

なお、このユーザーセグメント条件は[インフォメーションマーク]からGAのカスタムセグメントに追加することができます。
カスタムセグメントに追加しておくことで、日々のGA分析にそのまま活用できますので、予め追加しておくことオススメします。

引用:https://news-consumer-insights.appspot.com/

ただし、Google Analyticsのカスタムセグメントにおける分類条件は簡易化されており、過去30日間のユーザーをセッション数に基づいた設定となります。
つまりロイヤリティを推し量るユーザー価値スコア(UVS)で分類されたものではありません。
以下の表にまとめておきましたので、ご確認ください。

ユーザーセグメント セッション回数/30日間
Casual Readers 1回
Loyal Readers 2〜14回
Brand Lovers 15回以上

ただし、このような分類方法であれば、多くのオウンドメディア担当者なら一度は試したことがあるはずですよね。
ですが...NCIの有用性は単なるセグメント条件ではなく、NCI独自の算出方法(以下、日本語訳)にあります。

過去30日間でユーザー層セグメントごとに4つ指標(ユーザーあたりのページビュー、平均セッション継続時間、ユーザーあたりのセッション、セッションあたりのページビュー数)を動的に取得します。ベンチマークのデータを利用して、特定䛾ユーザー層セグメントについて、各指標を業界の平均と比較し、そ䛾ユーザー層䛾パフォーマンスを推測します。
たとえば、サイトXのロイヤルユーザーのユーザー価値スコアを定義してみましょう。(サイトのロイヤルユーザーの指標は青、ロイヤルユーザーのベンチマーク指標はグレー)

ご確認いただける通り、ユーザーあたりのページビューにより多くの重み付け(2倍)を適用しています。この式から、ベンチマークと比較して、サイト×ロイヤルユーザーがどのように行動しているかがわかります。これを「パフォーマンス %」と呼んでいますが、レポートには表示されません。
ユーザー価値スコアの求め方:30×In(パフォーマンス %)+50
サイト×ロイヤルユーザーの指標がベンチマークと等しい場合、パフォーマンス  %は「1 」に、ユーザー価値スコアは「50 」になります (In(1)=0のため)。
引用:https://newsinitiative.withgoogle.com/training/assets/docs/nci-playbooks/ja.pdf

このようにNCIの算出ロジックは、Google Analyticsのカスタムセグメントで指定されている条件とは異なります。
ユーザー価値スコア(UVS)はNCIでのみ、調べることができる指標となります。

2. ユーザーのエンゲージメントを向上させるアドバイスを表示する

Google ChromeのデバックモードにあるLighthouseやSearch Console、Google AdSense、Google Analyticsで表示されているようなアドバイスのユーザー目線版が参照できます。
これらは実際の画面を参照していただく方が早いかもしれません。

以下の画像はNCIで得られる改善施策アドバイスの一部です。

引用:https://news-consumer-insights.appspot.com/

「You should offer Web Push Notifications to your users.」を展開すると、より詳細なアドバイス内容を確認することができます。

引用:https://news-consumer-insights.appspot.com/

News Consumer Insights(NCI)の活用方法とは?

NCIはどのように活用すれば、有効なツールとなるのでしょうか。
NCIはあくまでインサイトを見つけるためのツールです。
そのことを前提に、以下のような悩みを抱えている場合で考えてみましょう。

上司にナーチャリング施策の成果を伝えたい...

ユーザーをCasual Readers/Loyal Readers/Brand Loversの3つに分類するNCIの機能は、いわゆるオウンドメディアのファンやロイヤルユーザーの増減を定量的に把握できます。
もちろんGoogle Analyticsでも分析できる内容ではありますが、NCIを使用することで、上司への説得力が高まるのではないでしょうか。

トラフィックは増えているのに、定期購読者(サブスクリプション会員)がなかなか増えない...

もしCasual Readersばかりが増加しているようであれば、1度目の訪問で有料の定期購読者(サブスクリプション会員)になることは考えづらいので、ユーザーに対して再訪を促す施策を考える必要があります。
またBrand Loversが60%であるにも関わらず、定期購読者(サブスクリプション会員)が増えないような場合であれば、購読に繋げるための導線配置や訴求、もしくはフォームにおける離脱が高いなどの可能性を考えることができます。

というような気付きを得られるはずです。

News Consumer Insights(NCI)の使い方とは?

NCIはGoogle Analyticsとのデータ連携を行うだけで使用できます。
その手順は以下の通りです。

  1. Google Analyticsのアカウントで「News Consumer Insights」にアクセスする(もしくは検索する)
  2. 「Authorize your account to view your data」を押し、Google Analyticsのアカウントを選択し、データ連携を許可する

たったこれだけでNCIが使用できるようになります。

さいごに

今回はGoogleが提供するユーザー分析ツール「News Consumer Insights(NCI)」をご紹介させていただきました。
コンテンツマーケティングを積極的に行っているオウンドメディア担当者にとっては、利用価値の高いツールだと思いますし、私個人も色々な活用方法を模索していきたいと思います。

-データ分析, プロダクト改善, 企画・戦略
-,

© 2020 ACT3 ONLINE